Calender

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

w closet×JUGEM

その他(優子先生)

優子先生in 習字教室

今日は、朝は寺子屋とは別の仕事を夜までしました。
寺子屋以外の仕事をすることも
私自身を成長させることができると思うので
アルバイトしております。
仕事がおわったら優子先生が通う、山肩習字教室へいってきました!!!
朝から習字教室が楽しみで楽しみで、
それを楽しみに仕事頑張りました(笑)

下水道の大会があることを山肩先生にお伝えしたので
山肩習字教室でも大会に向けて頑張っていました。
小泉孝太郎さんに似ている中3の生徒さんが
三枚清書を書いて選んでいました。
しかし、優子先生は本来の先生である山肩先生が審査する前に
「『と』が曲がっているから、もったいないよ。
これはもう一枚『と』を気をつけて書いたらいいんじゃない?
『と』以外完璧だわ」
と言いました。
するとその小泉孝太郎さんに似ている中3くん
もう一枚書く事に。
そして出来上がった作品がこちらです。
2013102620230000.jpg
さすが山肩先生の生徒さん。
しかも、寺子屋の生徒のライバルなのに
優子先生ライバルを育ててしまった(笑)
行書でも楷書でもいいのに、
何回も賞に入っている小泉孝太郎さんにの中3くんが
楷書を選んでいる!!!
中学生さんはだいたい行書と指定があるのですが
今回は選択ができました。
「楷書は、本当にきれいに書かないとあらが目立つよ」と
山肩先生に言われたのですが
寺子屋の生徒たちは行書が苦手で、楷書の方が向いているので楷書にしました。
山肩先生のところの生徒さんは行書だろうと思ったら
まさかの楷書!!!
かぶりました。直接対決でしょうか。。。。。。
もちろん、二つの習字教室で争うわけではないので、
ライバルはたくさんですが(笑)

小4から小6の課題は『下水道の役割』です。
小4の子は習っていない字もあって不利なのですが
その小4の子の作品がこちらです。
2013102620330000.jpg
上手ですね〜。
ライバルになるであろうこの生徒さんにも優子先生
アドバイスしてしまったんですね(笑)
「『道』と『役』が曲がっているのが残念だね〜。
『下水』は見事にまっすぐ入っているから『道』が中心通っていないのがわかるし
本当にもったいない。『役』がほんの少しだけ左ならあとは完璧だよ」
その子「ほんとだ〜。次はそこを気をつけよう」
優子先生「作品をはってみたら、よくわかるね」
その子「うん。畠山さんありがとう」
優子先生「いいえ〜」
またやってしまった。ライバルを育ててしまった(笑)
山肩先生を差し置いてアドバイスをしてしまっていますが
優子先生は先生としての立場からではなく、
同じ生徒(仲間)として言っています。
優子先生の作品も、貼って遠くからみんなでみて
意見してもらっています。
それは学年が下、上などは関係ないです。
小学生さんも気づいたことは言ってくれますし
優子先生は臨書を最近勉強し始めたので
臨書の歴はまだ少ないです。
それに比べて高校生さんは毎月臨書を書いているので
私より断然上手です。
なので高校生さんがアドバイスしてくれたりします。
時々は「ここ、こうしたらいいよね」とか「これ、こういう書き順だよね」
と相談することもあります。
山肩先生はもちろんアドバイスをくれますが
こうやって生徒同士(優子先生もここでは生徒です)で助言しあっています。
今日の優子先生の作品です。
2013102620390000.jpg
今月の課題初作品ですから仕方ありませんが
きたない。。。。。。

練習したい。

優子先生の毎月の課題は
ペン習字(硬筆)
実用の書(小筆)
臨書(写真のような作品)
漢字規定
の4つです。
そして
寺子屋の生徒のお手本を書くこと
小1 1枚
小2 6枚
小3 2枚
小5 6枚
小6 4枚
中1 1枚
中3 1枚
合計 21枚

これに大会があればそのお手本を書く。
生徒のお手本を書いていたら、自分の課題はできないことも多々あります。
課題はできなくても、お手本をかくことで筆を動かしますので
筆はたくさん動かせていますので楽しいです。
お手本を1枚合格するために10枚は書いてもっていくので
やはり毎月200枚ぐらいは書いていることになるんだなと思います。
1つのお手本を合格させるために10枚書いているところを
5枚、3枚、とどんどん減っていって1枚で決められるようになりたいです。

明日も仕事にいってきます。
仕事後は私の友達が寺子屋にきます。
寺子屋の生徒と戯れたいという友達の希望により
寺子屋会です。
19時からです。参加希望者は定員になりました。
参加する生徒のみなさんお忘れなく。
優子先生は19時に仕事おわって19時30分までには帰る予定です。
半紙をセットしてあるので、下水道の大会に向けて練習していてくださいね。
総監督は中3くんです。
寺子屋ユウコチャングムの生徒は自学自習できますから
安心しています。
私がいなくてもできるなら早く練習を始めた方がいいので19時にしました。
30分では終わらないので
優子先生が帰ってきたころに審査や清書になっていると思います。
習字が終わったらご飯タイム&かき氷タイムもありますし
それが終わったらカルタ大会したいですしね。
自力で最初やってくれていたら時間たっぷりとれます。
これも寺子屋ユウコチャングムの生徒たちが素晴らしいからです。

明日は寺子屋会を楽しみに仕事頑張ります☆
仕事は楽しいから、明日の仕事も楽しみです。



  • 2013.10.26 Saturday
  • 22:44

その他(優子先生)

優子先生 IN 瀬戸田

みんなに前々から宣言していましたが
福山に知人がいるので福山へいってきました。
福山へついたら今日は瀬戸田につれていってくれました。
不動産会社の社長夫婦さんで、社長さんにすすめてもらって
優子先生が次にとる資格を宅建にしたといういきさつです。

耕三寺にいきました。
するととてもよい言葉がありました。
これを寺子屋の教訓にしようかな(笑)
お寺の中にたくさんの観音様がありました。
鯉も泳いでいました。
地獄の道をぬけると、とても大きい観音様がありました。
地獄が描いてある道を通ってきたので観音様をみてほっとしました。
街のシンボルまたキャラクターなのか
ゴブリンがいたるところにいました。
未来心の丘という場所があってそこのてっぺんにのぼりました。
「団体優勝するぞ!!!!!!!!!!!!!」
と叫んでおきました。
そのすぐ下にあるカフェで小休憩。
大理石の中に入っていくので素敵でした。
フォンダンショコラです。
おいしかったです。
お店の中にあったパワーストーン。
穏やかな優しい心になれるということです。
当然にしっかり触っておきました。
境内で、へびとバッタがいました。
戦うのかな?しかし、どこから?
書院の中も見学。
そして、
金剛美術館の火の鳥の門の前で
お土産を、買いましたのでみなさんお楽しみに。
このあと平山美術館へいきました。
素敵な絵をみました。
平山郁夫さんの絵画は、名画カルタにはないですが
名画カルタの第2段があるとしたら是非いれてほしいですね。
結局、遊びにいっても寺子屋につなげてしまっていますね。
優子先生は寺子屋のみんなが大好きなのです。
ふられることもあるけれど(笑)


  • 2013.10.14 Monday
  • 23:46

その他(優子先生)

失恋デート&寺子屋会

中3くんと優子先生は
工藤官九郎さんのファンということで
『謝罪の王様』を見にいきたい!!盛り上がっていました。
優子先生は木曜日にみていたのですが
途中うとうと寝てしまっていたので、もう1度みてもいいなと思いました。
金曜日の夜に、中3くんもみたいというはなしなったので
じゃあ、日曜日か土曜日にといったら
「ダメ。土曜日は友達と遊ぶし、日曜日はおばあちゃんち」
というではありませんか。
小6Sさん「八幡小のバザーあるのに?」
中3くん 「バザーはいけるかも」
優子先生「だったら、一緒にいこうよ」
中3くん「いくとしても、友達と」
優子先生「失恋だわ〜(泣くまね)」
中3くん「しょうがないじゃん」
優子先生「その通り(泣くまねをいきなりやめる)」
中3くん「たちなおりはや!!!」
優子先生「だったら、小6のSさん日曜日映画いく?」
小6Sさん「いきたいです。聞いてみます」
優子先生「また土曜日に教えて」
といっていたが、結局23時まで習字をやってかえったあとすぐに電話があり
いくことに。
しかも小6のSさんのおばあさまのお車で連れて行ってもらいました。
2013101310500000.jpg2013101310500001.jpg
ダイエット中なのにアイスを食べてしまいました。
2013101314280000.jpg
先生といったからといっておごりとか全くないのです(笑)
だから、先生といったからといってなんの得もありません。
中3くんにふられた優子先生は小6のSさんと映画にいってまいりました。
しかも、つれていってもらうという。
本当にありがとうございました。

実は優子先生、映画にいくときに家に財布を忘れていってしまいました!!!!!!
まるでサザエさん。
しかし、強運の持ち主の優子先生。
チケットはインターネット決済。
メールで受付番号が送られてきいているのでそれで発券し
そのあと、通帳でお金をおろしてご飯を食べました。
小銭は、ティッシュポーチへいれられるのでバラバラせず
何の問題もなくすみました。
まさか自分がサザエさんになるだなんて!
そのことに自分でびっくり。
そりゃぁ、大笑いです。
実は前日の土曜日は習字教室へいくのに定期を忘れて
これまた往復代を払うという展開に。
おっちょこちょいです。
さすがにこれは大笑いなので、生徒にはいつも「笑うなんてひどい!」といって
「今わらったからマイナスね」といっている優子先生でも
この事件に、笑うなとはいえません。
逆に、これは多いに笑ってほしい。(笑)
定期忘れて&お財布忘れるだなんて、これは寺子屋を笑いの渦にするために
神様がおこしてくれた事件だとおもうぐらいです。
感謝です。
当然、大笑いでした。


優子先生はたくさんの友達が寺子屋を応援してくれていて
さらに、みんな寺子屋にいってみたいというもので
よく土日の夜は寺子屋会をしています。
小6Sさんは、結局映画のあと優子先生のお仕事を手伝うことになり
そのまま寺子屋会へ突入。
結局21時までおりました。
優子先生の友達と会い、いろいろとお話をしていました。
寺子屋は優子先生だけしか大人がいないので
こうやって友人が来て、生徒と話すと、また違った世界になるので
よい機会かなと思います。

寺子屋会は土日の19時や20時などおそい時間からなので
今回はすぐ近くの小6Sさんだけが参加でしたが
もし、大丈夫でしたら参加してくださいね。
全員いっぺんには難しいですが
優子先生の友達も、寺子屋の生徒に会いたがっています。
優子先生の友達とカルタをしたり、話したり、
普段とちがう大人の方とふれあうのも勉強になると思います。

土日に、優子先生が何をしたか?
よく生徒からきかれて、全員に話すのは難しいので
今度から寺子屋ブログの「その他(優子先生)」で紹介させてもらいます。
あまり、寺子屋に関係ない事もありますが、
時間があるときにご覧ください。



  • 2013.10.13 Sunday
  • 22:23