Calender

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

w closet×JUGEM

その他(優子先生)

声をかけるタイミングは正解はわかりませんが、いつもみんなでやり遂げます

寺子屋で勉強していても

家庭で勉強するのと同じ現象は起きます。

「勉強がわからくて癇癪を起こす」

こうなると

いつ声をかけたらいいのかなぁ

と悩みます。

先生だからといって

それを仕事にしているからといっても

いつも正解はわかりません。

 

癇癪起こす前に

声をかけて起こさないようにするのも

なんでも誰かが教えてくれるって安心してしまうし。。。。

 

ほっとくと

そのままで永遠に癇癪を起こしたままなので

いつ手を差し伸べるかは

悩みます。

 

でも信念は持っていて

それはブレないように気をつけています。

宿題が終わるまで帰れない

そして宿題が終わるまで必ず付き合う。

 

癇癪を起こしたり

できないことが悔しくて泣いている時は

一緒に待つ

待って

「でも、宿題が終わらないと帰れないから

はやく立ち直って」

と、いうような声をかける。

この言葉も状況によってはトーンを変えて

厳しくしないといけないこともあるし

優しく包むように言うこともあるし

難しい。

 

おそらく身内同士だと

うまくいかないことが多いと思います。

どうしても甘えは出るし

勉強を見ている方もどうしても身内だと

「どうしてわからないの?!」

「いい加減しないさいよ!!」

って教える側がヒステリーになってしまうものです

 

私の教え方のせいね。。。

と自分を責めたり

ダメな親ねって思うことは全くないです。

 

どうしても身内はそういうものです。

幸いにも優子先生は、他人なのです

寺子屋はアットホームで我が家みたいですし

家族のようだけど

でも他人なのです。

だから生徒たちもどこかにちゃんと礼儀正しく

という思いがあって

だから可能な関係なのです。

 

そして異学年で勉強するのもいいんだと思います。

優子先生が声をかける前に

「やったほうがいいんじゃない?」

「どこなん?これこうすればいいだけじゃん」

 

同じこと言ってるのに

生徒同士のほうがきくことも

あっ、私の言うこと聞かないのに

生徒同士のほうがきくのね(笑)

 

どっちが言うのが正解で

どのタイミングで声をかけるのが正解なのか

ずっとずっと答えは出ないなと思っています。

 

ただ、正解じゃなくても

声をかけるところを間違えて

火に油を注ぐ結果になっとしても

でも終わるまでは一緒に寄り添います。

みんなで一緒に宿題をやり遂げます。

タイミングを間違ってしまったら

様子を見てまた声をかける

生徒も

「ここは〜〜君から声をかけてもらったほうがいいかも」

と一緒に考えてくれます。

 

少しずつ癇癪を起こすのも少なくなるよう

成長させてあげられる場所にしたいですし

癇癪を起こしている時間の切り替えも早くなるように

なっていかないといけないですし

 

今そのことを言うべきか

また落ち着いて普通の時に

「この前のはダメよ。イライラしたり、

『もうわからんし』って言ったら暗示がかかるから

何がわからんか、式?計算?とわからんところが何かをまず

自分で気づかないとね」

と切り出すことも

 

切り出さない。

全く何も言わない。

そういう時もあります。

反省していたり、よくわかっていて

生徒たちの成長が伺えます。

成績よりも、学力のアップよりも

自分の気持ちをコントロールする

(周りに支えてもらいながら)

周りへの気遣いや支えたり

を経験してそういう人間性をアップする場所であれたらいいな。

と思っています。

点数みたいに判断できるものはなくて

目に見えないですが

生徒たちは異学年で揉まれながら

いつまでも機嫌が悪いとゆうこ先生に雷を落とされながら

機嫌が悪くても受け入れてくれる仲間の存在に助けられながら

ゆうこ先生も助けられながら

 

です

 

一緒に勉強しましょう!

宿題を一緒にやり遂げましょう

 

  • 2017.06.16 Friday
  • 23:53

その他(優子先生)

声をかけるタイミングは正解はわかりませんが、いつもみんなでやり遂げます

寺子屋で勉強していても

家庭で勉強するのと同じ現象は起きます。

「勉強がわからくて癇癪を起こす」

こうなると

いつ声をかけたらいいのかなぁ

と悩みます。

先生だからといって

それを仕事にしているからといっても

いつも正解はわかりません。

 

癇癪起こす前に

声をかけて起こさないようにするのも

なんでも誰かが教えてくれるって安心してしまうし。。。。

 

ほっとくと

そのままで永遠に癇癪を起こしたままなので

いつ手を差し伸べるかは

悩みます。

 

でも信念は持っていて

それはブレないように気をつけています。

宿題が終わるまで帰れない

そして宿題が終わるまで必ず付き合う。

 

癇癪を起こしたり

できないことが悔しくて泣いている時は

一緒に待つ

待って

「でも、宿題が終わらないと帰れないから

はやく立ち直って」

と、いうような声をかける。

この言葉も状況によってはトーンを変えて

厳しくしないといけないこともあるし

優しく包むように言うこともあるし

難しい。

 

おそらく身内同士だと

うまくいかないことが多いと思います。

どうしても甘えは出るし

勉強を見ている方もどうしても身内だと

「どうしてわからないの?!」

「いい加減しないさいよ!!」

って教える側がヒステリーになってしまうものです

 

私の教え方のせいね。。。

と自分を責めたり

ダメな親ねって思うことは全くないです。

 

どうしても身内はそういうものです。

幸いにも優子先生は、他人なのです

寺子屋はアットホームで我が家みたいですし

家族のようだけど

でも他人なのです。

だから生徒たちもどこかにちゃんと礼儀正しく

という思いがあって

だから可能な関係なのです。

 

そして異学年で勉強するのもいいんだと思います。

優子先生が声をかける前に

「やったほうがいいんじゃない?」

「どこなん?これこうすればいいだけじゃん」

 

同じこと言ってるのに

生徒同士のほうがきくことも

あっ、私の言うこと聞かないのに

生徒同士のほうがきくのね(笑)

 

どっちが言うのが正解で

どのタイミングで声をかけるのが正解なのか

ずっとずっと答えは出ないなと思っています。

 

ただ、正解じゃなくても

声をかけるところを間違えて

火に油を注ぐ結果になっとしても

でも終わるまでは一緒に寄り添います。

みんなで一緒に宿題をやり遂げます。

タイミングを間違ってしまったら

様子を見てまた声をかける

生徒も

「ここは〜〜君から声をかけてもらったほうがいいかも」

と一緒に考えてくれます。

 

少しずつ癇癪を起こすのも少なくなるよう

成長させてあげられる場所にしたいですし

癇癪を起こしている時間の切り替えも早くなるように

なっていかないといけないですし

 

今そのことを言うべきか

また落ち着いて普通の時に

「この前のはダメよ。イライラしたり、

『もうわからんし』って言ったら暗示がかかるから

何がわからんか、式?計算?とわからんところが何かをまず

自分で気づかないとね」

と切り出すことも

 

切り出さない。

全く何も言わない。

そういう時もあります。

反省していたり、よくわかっていて

生徒たちの成長が伺えます。

成績よりも、学力のアップよりも

自分の気持ちをコントロールする

(周りに支えてもらいながら)

周りへの気遣いや支えたり

を経験してそういう人間性をアップする場所であれたらいいな。

と思っています。

点数みたいに判断できるものはなくて

目に見えないですが

生徒たちは異学年で揉まれながら

いつまでも機嫌が悪いとゆうこ先生に雷を落とされながら

機嫌が悪くても受け入れてくれる仲間の存在に助けられながら

ゆうこ先生も助けられながら

 

です

 

一緒に勉強しましょう!

宿題を一緒にやり遂げましょう

 

  • 2017.06.16 Friday
  • 23:42

寺子屋全体

T先生登場&体験の方も登場

優子先生が東京出張で1週間不在な時がきます。

その間に寺子屋は休みにするのではなく

みんなで乗り切ります。

寺子屋は優子先生が教えるのではなく

みんなで宿題を頑張るところです。

だから不在中は代理の先生が来て

その先生と宿題を頑張ります!!

 

代理で来てくれるT先生が

昨日寺子屋に来て

生徒たちと触れ合いました。

触れ合ったのは

「分数大好き」で?!

だけではないんですが

一番盛りあがったのは分数大好きでした(笑)

代理先生の一番大事な仕事は

分数大好きで生徒に負けないこと!!

寺子屋ポイントを稼ぐために

生徒は全力で勝ちにきます

 

優子先生の代わりで一番大変なのは

生徒たちに負けないことかもしれません(笑)

 

今日からは体験の子も来てくれました。

体験の子も分数大好きをして

宿題をみんなで乗り切りました。

 

1週間

・先生が違うからって字を汚く書かない(笑)

・先生が違うからって「優子先生の時はもっとポイントをくれました」と

誤魔化さない(笑)

・先生が違うからってはしゃがない(笑)

などなど

みんなで話しました。

 

寺子屋の生徒だから心配はないですが

ちゃんとみんなで確認します。

むしろみんなで代理の先生を助けてね!!

頼んだ。

 

優子先生は東京にて

全力で分数大好きをPRして

世界中の人と分数大好きができる世界を作ります

 

 

  • 2017.06.15 Thursday
  • 15:07

寺子屋全体

書道練習会のため土曜日オープン

天満神宮書道大会の締切が近いため

今週の土曜日は午前に寺子屋をあけます。

9〜12時です

 

天満神宮の締切もですが

先に今月号の締切がありますので

今月号の課題から仕上げましょう

 

 

  • 2017.06.14 Wednesday
  • 22:22

小学生コース

縄跳び猛練習!!優子先生の先生としての目標

今日は生徒が縄跳びの

「跳ばない技をマスターしたい」と

いうことだったので

いつも10分だけの寺子屋メニューを増やしました。

生徒がやる気を持っている時には

ダメとは言わずに

できるようになるまでサポートしたい。

前はできるようになってきています

次は後ろも

優子先生が教えます。

一緒にやります。

優子先生は、何でもできるのではなく

先生として何でもできるようにしたいと思って

とにかく色々なことをします。

子どもの頃は大人よりも狭いです。

学校か家庭か習い事か

そこでの世界がほとんどです。

その限られた世界で会う人が

子どもたちの人生を左右すると思うのです。

優子先生はその左右する一人です。

だから私が色々なことを知っていたり経験していたり

能力があれば

生徒たちにたくさんの選択肢を与えらて

生徒たちの未来が広がると思います。

だから、優子先生は少しでも多くのことをできるようになりたいですし

自分が持っている技は全て伝えたいと思います。

成績に関係がないからといって

無駄になることはないと思います。

 

生徒は縄跳びを必死になって練習していました。

教えてもらったことをとにかく練習して

時に「なんで出来ないんだ」と怒り狂って

歯が縄跳びに当たって痛みで叫んで

色々あったようです。

でもやはりそのおかげで少しずつ出来るようになってきました!!

前は完璧!!

あとは後ろ!!

頑張れ!!

 

 

今日の差し入れはチュウチュウでした。

縄跳びが歯に当たって痛かったのを冷やすのにちょうど良かったです。

 

 

 

  • 2017.06.13 Tuesday
  • 19:12

習字教室コース

テスト週間でも書道&生徒からプレゼント!!

生徒にはそれぞれ考えがあって

「テスト週間だから書道は休みます」

という人と

「テスト週間でも書道に来ます」

という人といます

どちらも正解。

2時間の書道

行き来を含めたら2時間30分ぐらいは

書道に使うわけなので

テスト週間中は休んで勉強に集中するという考えです。

2時間30分書道に使って

勉強を焦ることになったらいけないですし

勉強が気になりながら書道を書くと

良い字は書けませんからナイス判断だと思います。

 

逆に書道をやると集中力がつく

書道の2時間30分は息抜きなる

という生徒もいて

変わらず来ます。

「普段からやっているからそんな直前に焦りませんよ」

という名言を残す生徒もおります

 

他にも

普段は書道コースに通っているですが

テスト週間中は書道ではなく

寺子屋で一緒に勉強させてもらえますか?

という生徒もいます。
みんなちゃんと考えがあって
理由を述べて
「いいですか?」と尋ねてきます
すごいなと思います
そして寺子屋は大体のことは
「どうぞどうぞ」
です(笑)
きになることは確認することもあります
自習できる塾に行っている子もいるので
「塾で自習できるのに、書道の時間を自習にしていいん?」
「別に書道の振替は別の日にするから休んでもいいんよ」
と聞いたこともあります
「いいんです。塾より寺子屋の方が静かだから」
「えっと、、、、寺子屋みんな話すからうるさいよ」
「そういう、うるささではないんですよ」
「そうなの?寺子屋は問題ないからどうぞどうぞ。
自習は自由だから書道の振替はまたいつでもするし」
どっちがいいということではなく
どちらがより自分にあった自習室か判断して
計画を立てている生徒
寺子屋の生徒はいつでも社会に出てやっていけると思います。
寺子屋はできるだけ「やりたい」と言われたら
「どうぞどうぞ」と言いたい
何か良いアイデアが出たら「無理」ではなく
みんなで真剣にできる方法を探りたいと思います。
↑どんなものでもちゃんと全力で本気で考えます。
今日、書道に来た生徒から
最高のプレゼントをもらいました。

Perfumeのドラマを録画してくれました。

本当にありがとう

テスト頑張ってね

  • 2017.06.12 Monday
  • 23:19

中学生コース

提出物は絶対に終わらせる!!(差し入れは爆弾?!?!)

今日は

 8:30〜10:00までと

19:00〜22:00すぎまで

が寺子屋です。

現在の中3の生徒は他の塾にも行っているので

今日は間でその塾のテスト対策

戻ってご飯を食べて夜から寺子屋です。

昨日、英語が終わるまで帰れまテンをしたかったのですが

それはちょっと

大変なことになるので途中で解散。

 

その分、家で兄ちゃんに聞きながら

続きをやってきた中3くんです。

えらい!!

おかげで無事に終わりました。

 

今日の差し入れは

恐竜の卵

中3くん

初めて食すみたいです!!!

最後に勢いよく飛び出て

爆発するようになるから

爆弾アイスです(笑)

 

気をつけて食べました。

「でない」って言ってたら

急に溶け出して勢いよく出て大変でしたが

美味しくいただきました。

 

提出物もすみ

美味しいアイスも食べて

帰りました。

 

月曜は塾の日なので

火曜日は基礎英文15こ全部覚えて書けるまで帰れまテン!!

やり遂げるまで帰れまテンなのが寺子屋ユウコチャングム

 

 

  • 2017.06.11 Sunday
  • 22:10

中学生コース

怒られるところから始まったテスト勉強!英語が終わるまで帰れまテン

現在中3の子が一人です

他の塾と掛け持ちなので

その塾のテスト対策も土日にあります。

だから塾の時間以外を寺子屋で対策します。

塾は模擬テストのような練習。

寺子屋は提出物を終わらせる。

それぞれの特性を生かしております。

生徒が13:30〜来れるといったので

高校生さんと優子先生が13:30に準備しました。

高校生さんは自分の勉強のためと

教えるためにスタンバイ

なのに13:30になっても中3の子は現れません。

そして13:30を10分過ぎてから

ラインで「ご飯中で遅れます」ときました。

 

生徒が来てから

優子先生はまずは物申すことからです

どうして遅れたかを聞きます。

もちろんご飯中だったことは聞いていますが

どんなタイムスケジュールで遅れたのかを尋ねます。

 

12:20分に家に帰ってきたら

自分でご飯を作らないといけなくなっていた。

そこからご飯を炊いて

作ったりしたから遅くなった。

 

とのことでした。

「じゃあ、それなら12:20に帰った瞬間もう間に合わないのわかるよね」

「はい」

「だったらその時点で連絡してくれたら

みんなが14時に変更とかできるじゃん。

誰のための今日の勉強会なの」

 

遅刻が許せないのではなく

人の時間まで振り回さない。

 

以上。

確かに寺子屋の生徒は連絡せずに遅刻すると入れなくなるので

連絡をする習慣はあります。

しかし19時になって遅刻しますと連絡するのは遅い

あらかじめ連絡する

しかも

「遅れます」だけラインで連絡するとはけしからん

ちゃんと理由を言わんか?!??!!

「遅れます」だけ連絡しておけば遅刻しても大丈夫だと思っている

そんな風になっていたのもあって

喝!!!

となりました。

 

喝が終わったらすぐ勉強

長時間の勉強で5分だけ寝る高校生さん

タイマーをしているのでちゃんとおきます。

夜ご飯は優子先生が作ります。

ご希望があったカツカレー

ルーを温めたり

カツを揚げたり

お茶を用意します

男子2名の食欲はさすがです。

ご飯もたくさん炊きました。

優子先生が作っている間は

高校生さんが教えていました。

英語がダメダメだった高校生さんが

ちゃんと教えいていることに感動しました。

 

16時ごろにオヤツタイムもあります。

アイスクリームが気になって視線はカメラにはない二人

 

夜ご飯タイム19すぎごろ

こちらもカレーが気になって視線なし。

さらに高校生は半分だけ(笑)

 

カツカレー完成です。

寺子屋の名物一品料理は

キムチクラッカー

これが美味しいのです。

食べている間は

みんなでカードキャプターを鑑賞。

くつろぎのひとときです。

食べ終わってデザートを食べたら

勉強再開

 

英語が終わるまで帰れまテン

提出物は絶対に終わらせるぞ!!!

 

 

 

 

 

 

  • 2017.06.10 Saturday
  • 21:01

小学生コース

生徒の宿題をミラクル綺麗な字で優子先生が書いてみた

生徒が宿題がいっぱい有る!!!!

と嘆いていたので

問題を書くだけは手伝ってみた

問題ならいいだろう。

そしてどうせ書くなら

硬筆(ペンとか鉛筆とかの文字)で

師範の腕前を持つ優子先生が

気合を入れて書いてみた

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

って数字なんですが(笑)

割と綺麗な生徒なのであまり差はないとは思います。

そもそも優子先生、大人になってから書道をやり始めたのです

だから子どもの時ノートは悲惨さんです。

中学校の時に友達とやっていた交換日記が出てきました。

汚い、、、、汚すぎる。。。。。

生徒にも見せてあげました。

「信じられない!先生がこんな字だなんて」

 

子どもの時にこんな字が書けていたら

漢字ノートも算数ノートも綺麗な作品みたいだったなぁ

 

その後悔を生徒の宿題で晴らすことができました。

ミラクル綺麗な字で書きましたよ。

こんな小学生になりたかった(笑)

さらに

定規で線を引いて

そして分数なので途中でやりそうな

かけ算の記号を書いておきました。

ノートが2冊あるみたいなので

生徒がもう一つのノートをやったり

答え合せをして間違ったのを直している間に優子先生が

問題を他のもう1冊のノートに書きました。

生徒もお手本があると綺麗に書けるようです

その後音読カードを書くときにも

バランスよく書けるように

優子先生が下にお手本を書きました

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

おそらく、お手本を見る力がある子なので

これまた優子先生との区別はないと思います。

寺子屋に来ると硬筆と毛筆を習うお金が月謝に含まれているのです

硬筆でお手本を見ながら書くことはいつもやっています

だからお手本を書くとそれと同じに書けるから綺麗なのです。

問題をかわりにやってあげることはしませんが

手伝いはします

 

国語辞典を使っての意味調べがあまりに多かったら

手分けすることはあります。

全部自分引いたほうが覚えるけれど

引き方を覚えているなら

もう二人で手分けして終わらせるほうがいいのです。

自分で引いたほうじゃない単語は

後からしっかり見直す。

 

最初から頼ってはいけないけれど

助けあって仕事期日に終わらせることは大人だってありますから

寺子屋も助けあって

時間内に終わらせます

 

  • 2017.06.09 Friday
  • 20:41

小学生コース

差し入れをめぐって 小6ざわっち先生再び

今日は小5Mさんが差し入れを持ってきてくれました。

エリーザココナッツミルクです

ありがとうございます。

これは冷やしたほうが美味しいよね

冷凍庫に入れておくね

でも渡すのを忘れそうだな。。。。。

「1時間もあれば冷えるよね

タイマーをかけよう」

60分

 

「タイマーなってもなんでタイマーなったのかな?

ってなるかもしれないですよ」

「そうだよね

それありえるよね」

「ありえるありえる」

 

ということで

ホワイトボードに書くことにしました。

『エリーゼ in れいぞうこ』

 

「冷蔵庫って字をかける人」

「書けません」

「えっ?!6年なのに習ってない!?!」

「あ、あれか!!!」

書き始めた

そして完成

最初冷蔵庫の「庫」をまだれではなく

しんにょうしてしまって

「れいぞう連」になっておりました(笑)

 

ついでにもう1つ

自分が書いた字でドヤ顔

 

やっぱり上手にかけていないので

顔は載せていいのですが

字はダメです

とのことで

字は隠しました。

顔はいいんだな

 

無事に

エリーゼ in 冷蔵庫 渡せました。

 

 

  • 2017.06.08 Thursday
  • 21:33